アロマでハンドケア

毎日頑張っているあなたの手は、冬の乾燥と感染症対策の消毒でカサカサになっていませんか?

手はいつも触れる場所、見える場所なのでしっかりケアしておきたいですね。

いつものハンドケアに心地よく肌を整えるアロマを加えて、パーフェクトハンドケアを目指しましょう。

 

今回はハンドケアにお勧めの精油を紹介します。

アロマハンドケアのポイントは3つ
*目的に合ったアロマ選び
*お肌の水分補給と保湿
*血行促進

 

ハンドケアにアロマを使う時には、皮膚柔軟にして傷んだ肌を修復する効果のある香り成分(リナロールやゲラニオール)を含む精油がおすすめです。

(ゼラニウム、イランイラン、ローズウッド、パルマローザ、ホーウッド、ラベンダー・アングスティフォリア‥)

また、冷え性や血行促進を重視したい方には、血液流動促進作用や血管拡張作用のある精油を加えるとさらに効果的です。

(レモングラス、マジョラム、柚子、シダー、オレンジ・ビター、グレープフルーツ、レモン‥)

日中のハンドケアには、べたべた感が残らないジェル素材がおすすめです。

そしてナイトケアにはマッサージオイルを使用します。少し多めのマッサージオイルを手の平、甲、爪の周りに丁寧に塗り込みます。手首や肘までオイルを塗布して適度な圧でもみほぐしましょう。キャリアオイルは皮膚を柔軟にして保湿力を高める作用のある植物油を選びます。

(スィートアーモンド、アルガン、シアバター‥)

こまめにケアをしているのに乾燥を感じるときには、オイルマッサージの前に化粧水をたっぷり肌に浸透させて潤いをプラスしましょう。